舌と健康

舌機能不全に関係する症状は多種多様です。例えば、睡眠呼吸障害、歯の何かしらの問題、口呼吸など、あなたや周囲の人が知らず知らずのうちに困っている可能性があります。

舌は、呼吸器と消化器の上部交差点にあり、私たちの健康に重要な役割を担っています。 しかも舌機能不全は頻繁で、様々なタイプがあります。 その中でも、異常嚥下の舌は、静寂時に下あごに位置して、嚥下するときに舌尖が前歯に触れる、歯間からはみ出るような動きをします。 

 

舌の機能や位置が正しくないと、就寝中に必要な筋の張力が弛みます。 また、舌のサイズが非常に大きい、口腔内で正しく収まらないなど、このような不規則な状態が咽頭を狭くすることを助長してしまいます。

その結果、呼吸が混乱し、睡眠の質が悪くなってしまうのです。

タングラボのドクターのための研修

スライド1.PNG

舌の機能不全は、鼻腔を広げるために働らかない、しかも呼吸が難しくなり、口呼吸を助長する。

スライド2.PNG
スライド3.PNG

口呼吸は、睡眠呼吸障害を助長する。